ワクワク感も味わえる!花の定期便 ブルーミー

沖縄美ら海水族館(海洋博公園)の観光レポート!所要時間・駐車場も紹介

沖縄美ら海水族館&周辺施設へ行ってきたよ!

シロみむ
シロみむ

こんにちは!
シロみむ(@naniiro_blog)です。

4月中旬に、沖縄へ新婚旅行に行ってきました。

この記事では、沖縄美ら海水族館と周辺の施設について紹介します。

沖縄美ら海水族館は、沖縄の観光地としてかなり有名ですよね!

じつは沖縄美ら海水族館は・・・

海洋博公園っていう、とても広い国営公園の中にある施設の1つなんです。

シロみむ
シロみむ

水族館周辺には、イルカやウミガメ、マナティーを見れる施設もあるよ!

では、実際に沖縄美ら海水族館と周辺施設へ行ってきた、感想や所要時間を書いていきますね~☆

MEMO

この記事は、2018年4月に訪れたときの観光レポートです。

行く前に確認!お得なチケット情報・最寄りの駐車場

お得なチケット情報

美ら海水族館のチケットは、水族館の窓口より安く購入できる場所があります!

その場所の名前は、『おんなの駅 なかゆくい市場』です。

沖縄県内のローソンでも、割引チケットが販売されてますが・・・

おんなの駅で購入するほうが安いです!

シロみむ
シロみむ

おんなの駅から美ら海水族館までは、車で1時間くらいの距離。

近くないから、購入する場合は事前に場所を確認してね!

詳しい料金の違いなどは、別の記事で紹介しています。

関連美ら海水族館のチケットが安く購入できる『おんなの駅 なかゆくい市場』の紹介

MEMO

『おんなの駅』で販売されてる割引チケットは4種類あります。

  • 大人券
  • 高校生券
  • 小・中学生券
  • 家族券

※家族券は、大人券2枚+小・中学生券2枚の4名分セット券。

以下のチケットは、美ら海水族館のみでの発売となっています。

  • 年間パスポート
  • 4時からチケット(16時以降の入場に使えるチケット)

沖縄美ら海水族館に近い駐車場はどこ?

海洋博公園には、駐車場が9ヶ所あります。

なんと!すべて無料です!

沖縄美ら海水族館に近い駐車場は、その内の2ヶ所。

P7の北駐車場(立体駐車場)が、駐車台数も多くてオススメです。

駐車場の看板

近くまで行くと、『P7海洋博公園(沖縄美ら海水族館)』の看板があります。

矢印の方向へ、係員さんの誘導通りに進みましょう。

北駐車場(立体駐車場)

これが、P7の北駐車場(立体駐車場)。

ちなみに、高さ制限は2.3mです。

駐車場から美ら海水族館への道のり

北駐車場に車を止めて、歩いて美ら海水族館へ向かいます。

植物で作られた魚

途中で、魚の形した植物を発見!

イルカの像

イルカの像があったり・・・

ジンベエザメの像

ジンベエザメの像もありました。

水族館入口の看板

ジンベエザメの像の近くに、水族館入口と書いてある場所を発見!

道順案内のイラスト

足下には、道なりに進むサメのイラストが!

そのまま、サメを追いかけます(笑)

海人門(ウミンチュゲート)

進んでいくと、海人門(ウミンチュゲート)に到着します。

目の前に青い海が広がる、絶景ポイントです!

エスカレーターがあるので、下に降りて行きます。

エスカレーター

美ら海水族館の入口は、エスカレーターを1つ降りた右側にあります。

P7北駐車場から水族館入口まで行くのにかかった時間は、約15分でした。

ただ、写真を撮りながらゆっくり歩いての時間なので・・・

スムーズに進めば、10分かからないと思います。

沖縄美ら海水族館の感想

いろんな展示があったけど、一部分だけ書いていきます

ちなみに美ら海水族館の滞在時間は、1時間15分ほどでした。

水族館内へ!

美ら海水族館入口

こちらが、美ら海水族館の入口です。

窓口

事前にチケットを購入してない場合は、窓口で購入しましょう。

自動改札入口

自動改札入口があるので、機械にチケットを通して入ります。

なんか、駅の改札みたい(笑)

ヒトデやナマコを触れるよ!

ヒトデ

入場して最初にあったのが、ヒトデやナマコを触れるコーナー!

ヒトデって、ムニってしてて柔らかいイメージ。

せっかくだし、触ってみるか・・・。

水槽の中に手を突っ込んで、左の星形してる子に触れてみる・・・

シロみむ
シロみむ

全然、柔らかくなぁーい!!

見事に予想を裏切られた! ヒトデって硬いわ(笑)

ナマコもいたけど、勇気出なくて触れなかったよ・・・(汗)←臆病者…。

手洗い場

水槽の近くには手洗い場もあります。

シロみむ
シロみむ

手が濡れても、すぐに洗えて嬉しい♪

沖縄ならでは!サンゴ礁&熱帯魚

サンゴ&熱帯魚

サンゴを展示してる水槽には屋根がないそうで、自然の日差しが差し込んでて明るかったです。

とりあえず言わせて!めっちゃキレ~イ!!

海の中の景色、そのままって感じです!

サンゴの迫力も凄いし、カラフルな熱帯魚も可愛い♡

イカ

こんなのもいました。イカらしいです。

なんともな表情がいい(笑)

ウミガメ

ウミガメもいましたー!

やっぱ可愛いわぁ~♡

ウツボ

よーく見ると、岩場の陰にウツボが潜んでました!

海のギャングって呼ばれるやつだよね!

マリオ64で沈没船にいるやつだよね!←ウツボで最初に出てきたイメージ(笑)

沖縄美ら海水族館といえば、ジンベエザメ!

ジンベエザメ

美ら海水族館のメインスポットといえば、ジンベエザメのいる水槽ですよね!

見てきました!ジンベエザメ!

大きいのは知ってるけど、ほんとにでかい!!

水槽内をゆっくりグルグルと泳いでました。

ジンベエザメ

大きいけど、可愛い顔してるよね♪

とっても人気なジンベエザメ

メインスポットだけあって、水槽前は人だらけでした(笑)

ジンベエザメのお腹

下から水槽を見上げられる場所もありました。

ジンベエザメのお腹も見れるよ!

エイみたいなサメみたいな・・・

エイみたいな、サメみたいな子もいます。

ゴツゴツしてる見た目だけど、目元が可愛いくてギャップある(笑)

他にも、マンタがたくさんいたり(写真撮り忘れたけど・・・)。

他の種類のサメとか、魚もたくさん泳いでました。

水族館の見学が終わったら、おみやげショップへ!

美ら海水族館の出口付近に、おみやげショップがあります。

沖縄銘菓や、水族館のオリジナルグッズも販売してました。

水族館見た後って、オリジナルグッズ欲しくなりません?

修学旅行っぽい中学生たちに混じって、ジンベエザメのぬいぐるみを買っちゃいました。

シロみむ
シロみむ

ジンベエザメだから、「ジンちゃん」って名前付けてかわいがってるよ(笑)

当日なら再入館もできる!

美ら海水族館は、入場した当日なら一度外に出ても再入場することができます。

再入場するかもって場合は、出口前で一旦ストップ!

出口のところにある案内所で、手に『再入場スタンプ』を押してもらいましょう!

シロみむ
シロみむ

入場券も捨てずに残しておいてね。

総合休憩所(美ら海プラザ)には展示コーナーもある

美ら海水族館の出口を出ると・・・

総合休憩所(美ら海プラザ)という、休憩施設に繋がってます。

標本などの展示コーナーもありました。

総合休憩所(美ら海プラザ)は、無料で利用できます。

美ら海”生き物”ギャラリーの看板

こんな看板を発見!

メガマウスザメの標本がみれるらしいので進んでみると・・・

メガマウスザメの標本

ありました! メガマウスザメ!!

名前の通り、ほんとに大きな口してます。

シロみむ
シロみむ

いきなり目の前に現れるとビビる(笑)

美ら海水族館周辺にも楽しめる施設がたくさん!

景色

美ら海水族館へ行くなら館内だけじゃなく、水族館の周辺エリアも一緒にまわるのがおすすめ!

  • マナティー館
  • ウミガメ館
  • オキちゃん劇場(イルカショー)

など、無料で見学できる施設があります。

シロみむ
シロみむ

水族館の入口があるところから、エスカレーターを降りて下へ向かってね。

水族館入口からは徒歩5分ほどで他の施設へ行けるよ!

水族館周辺エリア

下から見た美ら海水族館

水族館の周辺は自由に散策できるようになっています。

上に見えるのが水族館がある建物。

結構大きくてビックリ!

ミストシャワーの道

道の一部分は、ミストシャワーが出るようになってました。

ひんやりして気持ちいい~☆

マナティー館

マナティー館

こちらが、マナティー館です。

なんと、無料で入れます!

マナティー館の滞在時間は、約10分でした。

マナティー

上から見たマナティー。

なんか黒い物体・・・ごめん、なんかよくわかんない(笑)

水中観察室ってのがあって、下から見える場所もありました。

マナティー

下から見たマナティー。

こっちの方が見やすい!・・・けど、動かない(笑)

マナティー

たまに、ふわって浮き上がって・・・

マナティー

そのまま水面まで、まっすぐ上がっていって・・・

スゥーってまっすぐ降りてきて、また寝そべる。

なんでも、じっとしてる間はお休み中らしくて、呼吸するために数分に1回水面に浮き上がるらしい・・・。

シロみむ
シロみむ

寝てたんかい!(笑)

最初は「もっと動かないかな~・・・」って思ってたけど、ずっと見てたらこの動きが可愛くて♡

「なんだこいつ!可愛いやつだな~」って思えてきた(笑)

ウミガメ館

ウミガメ館

ウミガメ館も、無料です!

無料施設、充実しすぎじゃない!?

ウミガメ館の滞在時間は、約10分でした。

ウミガメ

上から見たウミガメ。

息継ぎシーンを激写☆

ウミガメ

この子たちは、日向ぼっこかな?

ウミガメ館の階段

階段を降りると、水中のウミガメの様子を見ることもできます。

壁にも小さいウミガメの模様があって可愛い♡

ウミガメ

水中のウミガメたち。

ヒレをパタパタさせて泳いてる姿が可愛すぎた♡

ウミガメ館近くの道

ウミガメ館の近くの道には、ウミガメの模様があります。

足下見るのも楽しいです♪

ウミガメ館近くのビーチ

ウミガメ館の近くには、ビーチもありました。

透き通る青いグラデーションがめっちゃキレイ♡

ちなみに、この場所は遊泳禁止だそうです。

オキちゃん劇場(イルカショー)

イルカショー

オキちゃん劇場では、大ジャンプなどの様々な芸が見れるイルカショーが開催されます。

なんと!!イルカショーも無料!

シロみむ
シロみむ

無料でショーまで見れるなんて嬉しすぎる♪

MEMO

イルカショーの開始時間は・・・

  • 10:30
  • 11:30
  • 13:00
  • 15:00
  • 17:00

です。

※2021年10月時点。

イルカショー

ショーに出演してるイルカたちの中に、ひときわ大きなイルカが1頭います。

ジャンプも凄い迫力だけど、体の大きさにビックリ!!

イルカショー

正面まで、イルカが来てくれたりもします!

前方の席だと、かなり近くで見れそうです。

他にも、沖縄民謡にあわせて飼育員さんと踊ったりと、沖縄ならではの演出もありました♪

ショーが始まる直前に到着したので、席は全部埋まってて立ち見でした(汗)

前方で見たい場合には、時間に余裕を持って行った方がよさそうです。

注意

前方の席で見る場合は、水しぶきがかかるかもしれません。

まとめ:美ら海水族館はお財布にも優しい観光スポット!

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館は、まるで沖縄の海そのものを見れる感じの場所でした。

見るのも楽しいし、勉強になる展示物もたくさんあって面白いです!

水族館周辺にある、マナティー館、ウミガメ館、オキちゃん劇場もおすすめ!

むしろ、これほどの施設が無料で見れるんだから、行かないと損だと思います。

シロみむ
シロみむ

沖縄美ら海水族館の入館料も安いと思うし・・・

ほんとに、お財布に優しすぎる観光スポットだったよ!

海洋博公園には他にもたくさんの施設があるので、何度訪れても楽しめる場所だと思います。

ぜひ1度行ってみてください☆

こちらの記事もおすすめ
沖縄旅行の持ち物リスト&おすすめの持ち物 沖縄旅行の持ち物リスト。必要なもの・おすすめ・あまり使わなかったものとは? 沖縄 7泊8日のハネムーン体験談 沖縄 7泊8日のハネムーン体験談!準備・旅費・おすすめスポットまとめ 沖縄旅行・ホテル、観光スポットまとめ 【沖縄旅行まとめ】実際の日程&各島ごとの観光スポットを紹介します 沖縄旅行7日目 【沖縄旅行】4月に7泊8日で沖縄に行ったよ!沖縄本島編(7日目)

施設情報:沖縄美ら海水族館

住所

〒905-0206

沖縄県国頭郡本部町字石川424番地

TEL

0980-48-3748

営業時間

【10月~2月】

8:30~18:30(入館締切17:30)

【3月~9月】

8:30~20:00(入館締切19:00)

定休日

12月の第1水曜日と、その翌日の木曜日

駐車場

あり(海洋博公園に無料駐車場が9ヶ所)

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。