沖縄 7泊8日のハネムーン体験談!準備・旅費・おすすめスポットまとめ

沖縄 7泊8日のハネムーン体験談

シロみむ

こんにちは!

ハネムーンは7泊8日の沖縄旅行だったシロみむ(@naniiro_blog)です。

 

人生の中でも特別な旅行であるだろうハネムーン、せっかく行くなら素敵な旅行にしたいですよね?

けど、ハネムーンってなると通常の旅行より期間が長かったり、初めて行く場所だったりして、

  • いつから旅行の準備を始めるといいの?
  • 旅行代はどのくらい?
  • どんな準備をしておくといいの?
  • 持ち物は何がいるの?

みたいに、悩んだりしませんか?

私たち夫婦も、旅行前は調べることだらけで大変でした(汗)

 

というわけで、これから沖縄へハネムーンに行く方の参考になるように、私たち夫婦のハネムーン関係の経験を書いていこうと思います。

 

私たち夫婦が新婚旅行で訪れたのは、4月中旬の沖縄。

沖縄本島だけじゃなく、離島も含めた7泊8日の新婚旅行でした。

この記事の内容を、簡単にまとめるとこんな感じです。↓↓

  • 旅行の準備をいつから始めたか?
  • 4月中旬の沖縄について
  • 実際にかかった旅費
  • ハネムーン前に準備しておくといいもの
  • 7泊8日で沖縄へ行った旅行日程はどんな感じか?
  • 沖縄ハネムーンのおすすめスポット & おすすめの体験

 

私たちの経験が少しでも、これから沖縄へ新婚旅行に行く方の参考になると嬉しいです。

旅行の準備を始めた時期はいつ頃?

最初に旅行会社へ行ったのはハネムーンの5ヶ月前

ハネムーンの5ヶ月くらい前から旅行会社(JTB)を訪れて、少しずつ旅行の予定を立て始めました。

旅行まで期間があったおかげで、行きたい場所などをじっくり調べられたし、しっかり予定を立てることができてよかったと思ってます。

 

ハネムーンへ行ったのは結婚式から半年以上経ってから

ちなみに、私たちがハネムーンへ行ったのは結婚式後すぐではなく、結婚式から半年以上経ってからでした。

シロみむ

結婚式直後にそのままのテンションでハネムーンへ行くのも楽しそうだけど、体力的にキツい気がする…。

っていうのが理由です(笑)

 

実際、結婚式前は結婚式の準備だけでもバタバタして大変だったし、結婚式当日も予想以上に疲れて、結婚式の翌日も疲れが残ってる状態でした。

「結婚式の準備→結婚式当日→そのまま新婚旅行へ!」っていう流れも多いけど、それしてたら私はハネムーン先のホテルで1日寝てたと思います(笑)

 

結婚式前は結婚式の準備だけに集中して、新生活にも少し慣れたくらいで旅行の準備を始めるっていうのは私たち的にはちょうどよかったです。

 

4月中旬にした理由は旅行代も安く、気候的にもいいから!

せっかく沖縄に行くのに、何で夏じゃなくて4月中旬なの?って思う人もいるかも知れませんね。

じつは、旅行会社に初めて行った時は、安さ重視で2月に沖縄へ行こうと考えてたんです。

それを旅行会社のスタッフさんに伝えたら、

旅行会社のスタッフさん

さすがに沖縄でも2月だとまだ寒いので…。

せっかくの新婚旅行なら、旅行代もわりと安めで気温的にも良い4月中旬をおすすめしますよ!

って言われました。

 

旅行会社のスタッフさんに教えてもらった、4月中旬のおすすめ理由はこちらです。↓↓

  • 旅行代がわりと安い(”学生の春休み終了で旅行客が減り、GWで旅行客が増える”までの間)
  • 海に入れる(沖縄の海開きは3月~4月頃)
  • マリンアクティビティもできる
  • 暑すぎず、寒すぎない(昼間は半袖、夜に羽織りがいるくらい)
  • 台風の心配がない(台風シーズンは6月~10月頃)
  • 梅雨の時期を外れている(沖縄の梅雨は5月~6月頃)

 

では、実際にかかった旅行代と4月中旬の沖縄の気候について詳しく書いていきます。

 

実際にかかった4月中旬の沖縄ハネムーンの旅行代はいくら?

4月中旬の沖縄旅行代をすべて合計すると、7泊8日 2人で55万円くらいでした。

 

その内、旅行会社(JTB)に支払った7泊8日の沖縄旅行代は、2人で約42万円。

JTBの料金に含まれてる内容はこちら↓↓

  • 飛行機代
  • ホテル代
  • レンタカー代
  • 西表島・由布島・竹富島の3島をめぐるツアー代

 

この他に追加で、

  • 個人で申し込んだアクティビティ代(シュノーケリング、パラセーリング)
  • 入場料などの観光代
  • 駐車場代
  • 食事代
  • お土産代

などが約13万円ほどかかりました。

 

実際に体感した4月中旬の沖縄の気候は?

4月の沖縄は、最高気温の平均が24℃くらい。

最低気温の平均が18℃くらいだそうです。

あくまで平均なので、暑い日は25℃以上のときもありました。

 

日中は半袖で過ごせるときもありましたが、朝や夜は少し冷えるので、羽織れる長袖があると便利です。

沖縄旅行中の天気や服装をイラスト付でまとめた記事も参考にどうぞ。↓↓

 

海開きはしてたけど、水着で海に入るにはまだちょっと寒いかなって感じ。

シュノーケリングをしましたが、ウェットスーツ着用なら泳いでる間は寒くなかったです。

シロみむ

水着でがっつり海水浴したい!って人は、もう少し暖かくなってからの方がよさそうかな。

 

旅行前の準備や作成しておくと良いもの

旅行中のプランを作成する

私たちは旅行前に、1日ずつの行動予定(タイムスケジュール)を立ててから沖縄へ行きました。

旅行中のプランを作成するメリット
  • 予定の詰め込み過ぎを防ぐことができる
  • 旅行中、次の予定がわかって行動しやすい
  • 急な変更にも対応しやすい
 

 

こんな感じで予定を書いておくとわかりやすいです。↓↓

旅行の予定見本

 

その他にも、

  • 目的地の地図
  • 目的地の公式サイト
  • 必要な持ち物
  • 施設で使えるクーポン情報

などをわかるようにしておくと便利です。

 

紙に書くのもいいですが、荷物を増やしたくなければスマホに入力するのをおすすめします。

スマホに地図や公式サイトのURLも一緒に記載しておけば、場所の確認や公式の情報を確認するときにも便利ですよ。

シロみむ

私たちはLINEのノートにまとめていたので、夫婦間で共有もできてとてもよかったです。

 

お土産リストを作成する

こんな感じのことを考えて、お土産リストを用意しておくと便利です。↓↓

  • だれにお土産を買っていくか?
  • どんなお土産がいいか?(お菓子、お酒、小物など)
  • 職場用など1箱を複数人で分ける場合、何人分あればいいか?

 

同時に、お土産を購入する場所の目星も付けるのもおすすめです。

お店によっては、「1万円以上お買い上げで、宅急便の送料が無料!」っていう場所もありますよ。

 

お土産リストを作成するメリット
  • お土産をいくつ購入すれば良いかわかる
  • お土産の買い忘れがなくなる
  • 時間が節約できる
 

 

新婚旅行のお土産ってなると、

  • 両親や親族
  • 親しい友人
  • 職場
  • 新婚旅行のお土産をくれたことがある先輩夫婦
  • 結婚関連でお世話になった人

など、普段の旅行以上に用意するお土産の数が多くなりやすい!

 

何も準備せずにお土産を買おうとすると「何をいくつ買えばいいんだっけ?」ってなったり、場合によっては夫婦喧嘩になってしまうことも(汗)

楽しい旅行にするためにも、事前に準備できることはしておくと良いですよ!

 

沖縄旅行に必要な持ち物

沖縄旅行に持って行くのにおすすめしたい持ち物の中から、ちょっと忘れがちな持ち物をピックアップしてみました。↓↓

  • シガーソケットUSB充電器
  • ETCカード
  • ラッシュガード
  • サングラス
  • 帽子、日傘

 

沖縄でレンタカーを借りる予定なら、シガーソケットUSB充電器を持って行くのがおすすめ!

旅行中はスマホで写真撮ったり、調べ物したりってことが多くて、気づくと充電が切れそうになっちゃうんですよね…(汗)

シガーソケットUSB充電器があれば、車移動しながらでも充電できるのでとっても便利ですよ。

 

また、沖縄本島でレンタカーを借りるならETCカードがあるといいです。

沖縄本島での観光の場合、行きたい場所によっては高速道路を使うことになります。

レンタカー会社でもETCカードを借りれますが別料金がかかってしまうので、自分の普段使ってるETCカードを持って行くといいですよ。

 

ラッシュガード、サングラス、帽子、日傘は紫外線対策に必要です。

私たちが沖縄に行った4月でさえ、日差しが強く日焼けしました!

沖縄の日差しは甘く見たらダメ!日焼け止めクリーム以外にも対策するのをおすすめします!

 

これ以外にも沖縄旅行の持ち物について詳しく知りたい方は、沖縄旅行の持ち物リストの記事も参考にどうぞ。↓↓

 

沖縄旅行に行くときの服装の注意点

沖縄旅行に行ってみて感じた服装の注意点はこちらです。↓↓

  • 森林・草木が多い場所に行くなら、長袖・長ズボンを用意する
  • 沖縄の服装だけじゃなく、行き帰りの地元での服装も考える

 

森林散策など草木が多い場所に行く予定があるなら、ケガや虫刺されを防ぎやすい長袖・長ズボンの服装がおすすめです。

肌の露出を少なくして、安全にも気をつけてください。

 

そして、忘れやすいのがこちら。↓↓

沖縄の気温や服装を気にするあまり、自宅から空港へ向かう時や、沖縄から帰ってきたときの服装が頭から抜け落ちてませんか?

私は一応考えてたんですが、それでも気温差を見誤って失敗しました…(汗)

沖縄と地元では気温が違うので、上着などを準備しておくのをおすすめします。

 

ちなみに私の場合、自宅から空港へ向かう時は春用のパーカーがあれば大丈夫くらいでしたが・・・

沖縄から帰ってきて空港を出た瞬間、春用パーカーでは寒い!!ってなりました。

近くのショッピングモールに立ち寄ったら、4月なのに周りの人達は冬用のコートを着てたりも…。

 

沖縄は楽しみだけど、自宅~空港の間を移動するときの服装も気をつけてみてください。

シロみむ

空港まで車で向かう人は、コートを車に乗せておくのもいいかも!

 

7泊8日のハネムーン中に訪れた本島 & 離島・それぞれの滞在日数

私たち夫婦は、「沖縄本島だけじゃなく離島もいくつか行ってみたい!」ってことで、7泊8日で沖縄へ新婚旅行に行きました。

こちらが7泊8日の新婚旅行で訪れた島で、()内は滞在日数です。↓↓

  • 石垣島(約1.8日)
  • 西表島 & 由布島 & 竹富島(ツアー参加・約8時間)
  • 宮古島(約2日半)
  • 伊良部島 & 下地島(約2時間)
  • 沖縄本島(約2日)
  • 瀬長島(約2時間)

出発も朝早すぎず、帰りも夜遅すぎないようにしたので・・・

実質、移動時間などをのぞくと、沖縄にいられたのは7日ほどでした。

 

簡単に7泊8日の日程を書くとこんな感じ。↓↓

(「7泊8日 沖縄ハネムーンの日程」をクリックすると表示されます。)

1日目
中部国際空港セントレア~石垣島
  • 中部国際空港セントレアから石垣空港へ(11:50発~14:40着)
  • 石垣島で観光
  • 石垣島のホテルに宿泊
2日目
石垣島 & 離島めぐりツアー(西表島・由布島・竹富島)
  • 離島めぐりツアーに参加し、西表島・由布島・竹富島へ行く(朝~夕方)
  • 石垣島で観光
  • 石垣島のホテルに宿泊
3日目
石垣島 & 宮古島
  • 石垣島で観光
  • 石垣空港から宮古空港へ(18:45発~19:20着)
  • 宮古島のホテルに宿泊
4日目
宮古島
  • シュノーケリング
  • 宮古島で観光
  • 宮古島のホテルに宿泊
5日目
宮古島 & 伊良部島 & 下地島

※伊良部島と下地島は、宮古島と橋で繋がっているので車で行けます。

  • パラセーリング
  • 宮古島・伊良部島・下地島で観光
  • 宮古島のホテルに宿泊
6日目
宮古空港~沖縄本島
  • 宮古空港から那覇空港へ(11:05発~12:00着)
  • 沖縄本島で観光
  • 沖縄本島のホテルに宿泊
7日目
沖縄本島
  • 沖縄本島で観光
  • 沖縄本島のホテルに宿泊
8日目
沖縄本島 & 瀬長島 ~中部国際空港セントレア

※瀬長島は、沖縄本島から車で行けます。

  • 瀬長島で観光
  • 那覇空港から中部国際空港セントレアへ(15:55発~18:05着)

 

現地に着いてからの移動はレンタカーを利用しました。

好きなところを自由に観光できるので、レンタカーはおすすめです!

石垣島、宮古島、那覇でレンタカーを借りた体験談の記事も参考にどうぞ。↓↓

 

沖縄ハネムーンのおすすめスポット & おすすめの体験

実際に訪れたスポットや体験したものから、いくつかピックアップして紹介します。

その他の場所が知りたい方は、実際に行った沖縄旅行の総まとめ記事も参考にどうぞ。↓↓

 

絶景を見たい!

川平湾(石垣島)

川平湾

川平湾かびらわんは石垣島の絶景スポットで、ガイドブックでも紹介されてる有名な場所です。

きれいなブルーの海を見るなら晴れてる日で、時間帯は満潮時刻の前後2時間がおすすめ!

 

駐車場は有料ですが、海からも近くてアクセスしやすいです。

周辺にはアイスクリームなどを売ってるお店がいくつかあって、沖縄の味も楽しめます。

 

川平湾について詳しく知りたい方は、川平湾の感想レポートも参考にどうぞ。↓↓

 

伊良部大橋(宮古島・伊良部島)

伊良部大橋

伊良部大橋いらぶおおはしは、宮古島と伊良部島を結ぶ全長3,540mの橋です。

橋の周りに広がってるのは、綺麗な宮古ブルーの海!

曇ってたので、写真は暗めですが…。

宮古島の澄んだ青い海の上をドライブしてみませんか?

 

通行料金も無料で、車だけじゃなく徒歩や自転車でも通行できますよ。

車道と歩道が分かれてないので注意ですが…。

 

伊良部大橋について詳しく知りたい方は、伊良部大橋の感想レポートも参考にどうぞ。↓↓

 

下地島空港17エンド(下地島)

下地島空港17エンド

下地島空港しもじしまくうこう17エンドは、現地の方もおすすめするくらいの綺麗な海が見られる絶景スポット!

宮古島から伊良部大橋を渡れば、車で行くことができます。

 

目の前に広がる海は、驚くほどの透明度とブルーのグラデーション!

見てると思わず時間を忘れてしまうほど、素敵な景色が見られますよ。

 

下地島空港17エンドについて詳しく知りたい方は、下地島空港17エンドの感想レポートも参考にどうぞ。↓↓

 

アクティブな体験がしたい!

離島めぐりツアー(石垣島・西表島・由布島・竹富島)

離島めぐりツアー

「いろんな離島に行ってみたいけど、予算的にも日数的にも厳しい…」って方には、離島めぐりツアーがおすすめです!

 

私たちは石垣島から船で出発し、西表島・由布島・竹富島の3島をめぐるツアーに参加しました。

遊覧船に乗って仲間川のマングローブを見たり・・・

水牛車に乗ったり・・・

亜熱帯植物楽園を見学したり・・・

沖縄本島や石垣島、宮古島とはまた違う、離島の自然や雰囲気が1日で味わえますよ!

 

離島めぐりツアーについて詳しく知りたい方は、離島めぐりツアーの感想レポートも参考にどうぞ。↓↓

 

シュノーケリング(宮古島)

シュノーケリング

沖縄に行くなら、透き通る綺麗な海でシュノーケリングしませんか?

実際にウミガメと泳いだり、サンゴ礁を生で見たりするのってめちゃくちゃ感動します!

 

シュノーケリングしたことなくて不安って方も、ツアーに参加して体験すれば安心です。

道具が一式借りられて、シュノーケリングのやり方も教えてもらえます。

私たち夫婦は2人ともシュノーケリング初心者 & 泳ぐのすら10年以上ぶりって感じでしたが、「シュノーケリング始まる前の不安はどこ行った!?」ってくらい思いっきり楽しめましたよ。

 

シュノーケリングについて詳しく知りたい方は、シュノーケリングの感想レポートも参考にどうぞ。↓↓

 

パラセーリング(宮古島)

パラセーリング

パラセーリングはパラシュートを体に取り付け、モーターボートで引っ張ってもらうマリンアクティビティです。

空中散歩を楽しみながら、沖縄の綺麗な景色を見られますよ!

 

上の写真はモーターボートから浮き上がった時に撮影してもらったものなので、ここからさらに高度が上がります。

上空にいる間は2人っきりなので、シチュエーション的にも新婚旅行にピッタリです。

 

パラセーリングについて詳しく知りたい方は、パラセーリングの感想レポートも参考にどうぞ。↓↓

 

のんびり、ゆっくり楽しみたい!

沖縄美ら海水族館(沖縄本島)

沖縄美ら海水族館

海洋博公園という国営公園内にある沖縄美ら海ちゅらうみ水族館は、ジンベエザメが見れる水族館ってことでも有名な場所。

美ら海水族館は有料ですが、水族館周辺には

  • マナティー
  • ウミガメ
  • イルカショー

が無料で見れちゃう施設もあります。

 

海洋博公園と美ら海水族館で、ハネムーン中に公園 & 水族館デート気分を味わうのはいかがですか?

美ら海水族館へ行くなら、「おんなの駅 なかゆくい市場」で割引チケット買うのもおすすめです。

 

沖縄美ら海水族館について詳しく知りたい方は、沖縄美ら海水族館の感想レポートも参考にどうぞ。↓↓

 

備瀬のフクギ並木(沖縄本島)

備瀬のフクギ並木

備瀬びせのフクギ並木は沖縄本島の備瀬集落にある、約2万本のフクギの木が立ち並ぶ道です。

フクギは漢字で「福木」と書き、「福を呼ぶ木」と言われています。

備瀬のフクギ並木には、2本の木が寄り添ってるような「夫婦福木」と呼ばれる木もあり、新婚旅行にピッタリのスポットです。

 

木漏れ日が差し込むのどかな道を、2人でゆっくり散歩するのも楽しいですよ。

 

備瀬のフクギ並木について詳しく知りたい方は、備瀬のフクギ並木の感想レポートも参考にどうぞ。↓↓

 

カフーリゾート フチャク コンド・ホテル(沖縄本島)

カフーリゾート フチャク コンド・ホテル

「ホテルでもゆっくりして楽しみたい!」って方には、カフーリゾート フチャク コンド・ホテルをおすすめします。

カフーリゾート フチャク コンド・ホテルのアネックス棟 スイートに宿泊したんですが、部屋も広くて設備も充実してて、住みたくなるくらい居心地がよかったです。

 

バルコニーからの景色がオーシャンビューなのも嬉しいポイント!

とても綺麗な夕日も見ることができました。

 

さらに、サポートアイテムと呼ばれる貸し出しアイテムの種類がビックリするくらい多いんです。

ゲーム機、ボードゲーム、美顔器などの美容グッズ、ベビー用品などなど・・・!

観光ばかりだと疲れちゃうので、ホテルの部屋でのんびり2人でゲームしたり、気になる美容グッズを試したり・・・っていうのも楽しいですよ。

 

カフーリゾート フチャク コンド・ホテルについて詳しく知りたい方は、カフーリゾート フチャク コンド・ホテルの感想レポートも参考にどうぞ。↓↓

 

天気が悪くても大丈夫!

石垣島鍾乳洞(石垣島)

石垣島鍾乳洞

石垣島鍾乳洞は、日本最南端の観光鍾乳洞です。

沖縄の海や植物とはまた違った雰囲気で、リフレッシュできる感じでした。

 

鍾乳洞の見学中は雨も関係ないので、天候に左右されずに楽しめます。

雨で予定してたプランが崩れたってときにもおすすめなスポットですよ!

 

石垣島鍾乳洞について詳しく知りたい方は、石垣島鍾乳洞の感想レポートも参考にどうぞ。↓↓

 

シギラ黄金温泉(宮古島)

シギラ黄金温泉

シギラ黄金温泉は通常の露天風呂だけじゃなく、水着着用で男女一緒に入れるジャングルプールという温泉もあります。

ジャングルプールには無料レンタルの浮き輪もあって、温泉とプールの中間って感じでした。

 

私たちが訪れた時は曇りや小雨くらいの天気でしたが、特に気にならずに楽しめましたよ。

さすがにザーザー降りの雨とかはやめた方がいいかもですが…。

 

ジャングルプールの水温はぬるめな感じなので、ちょっと肌寒くて海には入れないかな?って時にもおすすめのスポットです。

 

シギラ黄金温泉について詳しく知りたい方は、シギラ黄金温泉の感想レポートも参考にどうぞ。↓↓

 

沖縄っぽさを味わえる食事をしたい!

石垣島きたうち牧場 浜崎本店(石垣島)

石垣島きたうち牧場

石垣島きたうち牧場 浜崎本店は、牧場直営の焼肉店です。

柔らかい牛肉は口に入れると、まるで溶けるような食感!

「もっとたくさん食べたい~!」ってなるくらい美味しいです。

 

お肉ではないけど、個人的には自家製コロッケもおすすめです。

 

石垣島きたうち牧場 浜崎本店について詳しく知りたい方は、石垣島きたうち牧場 浜崎本店の感想レポートも参考にどうぞ。↓↓

 

郷家(宮古島)

郷家

郷家ごーやは、沖縄料理を食べながら三線ライブが楽しめるお店です。

沖縄の食材を使った料理だけでも沖縄感満載ですが、三線ライブでは民謡や有名な沖縄ソングなどが聞けて、沖縄感がさらにアップします。

 

お客さんも教えてもらった合いの手などを入れながら盛り上がったり、最後にはみんなで踊って参加する時間があったりと、普通の居酒屋とはひと味違った楽しみ方ができますよ。

 

郷家について詳しく知りたい方は、郷家の感想レポートも参考にどうぞ。↓↓

 

まとめ:旅行前の準備も大事!計画を立てて楽しいハネムーンにしよう

沖縄へ7泊8日の新婚旅行に行ってみて、早いうちから事前に準備をしておいてよかったな~って感じました。

 

旅行中のプランを考えてたおかげで、天気が悪くて旅行プランが崩れても行く場所を入替えたりして対応できたし!

割引券やらクーポンやらも調べられて、節約できるとこは節約できたしね。

(新生活も何かとお金がかかるから、節約は大事!)

 

「どこに行こう?何をしよう?」って考えて旅行のプランを立てたり、必要なものを買いに行ったりするのは大変ですが、2人で一緒に旅行に向けて準備するのも楽しいですよ。

しっかり準備して、思い出に残る素敵な新婚旅行に行ってきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。