【沖縄旅行】準備・観光スポット情報を紹介!

【iClever Bluetoothキーボード IC-BK06レビュー】軽量薄型で使いやすい折りたたみ式キーボード

【iClever】Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06 レビュー・感想

シロみむ

こんにちは!

自宅以外ではiPadを使ってブログを書いてるシロみむ(@naniiro_blog)です。

スマホやタブレットを使って長文を書くときに、キーボードが欲しいな~って思ったことありませんか?

そんなときにおすすめなのが、持ち運びしやすい折りたたみ式のBluetoothキーボードです。

 

この記事では、iClever社製のBluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06を紹介します。

 

この記事はこんな人におすすめ
  • 持ち運びしやすいBluetoothキーボードが欲しい人
  • 小さく、薄く、軽いBluetoothキーボードが欲しい人
  • 折りたたみ式のBluetoothキーボードを探している人
  • タイピングが窮屈に感じないBluetoothキーボードを探している人

私もiClever社製のBluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06を購入したおかげで、iPadでもノートパソコンみたいにブログが書けるようになりました。

特に、持ち運びのしやすさは最高!

外出中など、自宅以外でも長文の文章を打ちやすくなったのでとっても助かってます。

 

では、iClever社製のBluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06のレビューを書いていきますね。

 

軽くてコンパクトに持ち運べるブログおすすめグッズまとめ 外出先でブログを書く!軽くてコンパクトに持ち運べるおすすめグッズまとめ

 

【iClever】 Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06の見た目と付属品

iClever Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06

こちらがiCleverのBluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06です。

写真は折りたたんだ状態。

レザー製で手触りもよく、ちょっと高級感ある感じの見た目です。

 

マグネット付きなので、折りたたんだ状態のときはピッタリひっついてます。

開け閉めは楽だし、勝手にパカパカ開いちゃうこともなくて気に入ってます。

 

iClever Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06

広げるとV字型の変わった見た目に!

キーも左右に分かれてて、中央部分に間が空いてます。

 

iClever Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06

裏側はこんな感じ。

白色(ほんとは銀色)の数字が書いてある部分はシールになってますが、剥がすと粘着部分が残りそうだったのでそのままにしてます。

 

iClever Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06

側面部分には、充電ケーブルの差し込み口が付いてます。

折りたたんだ状態でもとっても薄くてビックリ!

 

iClever Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06 USB充電ケーブル

付属品でUSB充電ケーブル(Micro-B)が付いてます。

ケーブルだけでUSB充電器は付いてないので、コンセントから充電する場合はUSB充電器を別で用意する必要があります。

 

iClever Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06 説明書

取扱説明書には操作方法が記載されてます。

1ページ目を開いたら英語表記で焦ったけど、途中からは日本語で同じ説明が書いてありました。

英語がわからなくても安心です。

 

メリット:【iClever】 Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06の良かったところ

ここでは、iCleverのBluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06を使ってみて、良かったと感じたポイントを4つ書いていきます。

 

薄くて軽いコンパクトデザインで持ち運びしやすい

メリット1つ目は、コンパクトで持ち運びしやすいところです。

 

iClever Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06
iClever Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06

折りたたんだ状態のサイズは、横16.5㎝、縦10.2㎝です。

とってもコンパクト!

シロみむ

家にあったお菓子のポッキーの箱と比べたら、ほぼ同じくらいのサイズだったよ!

 

iClever Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06

折りたたんだ状態でも、厚さはたったの1.2㎝しかありません!

薄いからバッグにも入れやすくて助かってます。

 

さらに重さを量ってみたら、たったの166g! とっても軽い♪

(公式のデータより若干軽めでした。個体差あるのかな?)

シロみむ

小さくて薄くて軽くて、持ち運びするのにとっても便利!

折りたたんだ状態だと電源OFFになるし、バッグの中で誤作動起こす心配もないよ。

 

前回使ったデバイスならキーボードを開くだけですぐ使える

メリット2つ目は、前回ペアリングしたデバイスに自動的に接続するところです。

 

例えば・・・

キーボードとiPadをペアリング済みの場合、次も同じiPadでキーボードを使うならキーボードを開くだけでOK!

キーボードを開くと自動的にiPadと接続が完了して、そのまま文字が打てちゃいます♪

 

ただ、iCleverのBluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06の場合、1度にペアリングできるのは1台のデバイスのみ。

複数台のデバイス(例えば、iPadとiPhoneの2台)で交互に使う場合などは、使うたびにペアリングしないと使えません。

シロみむ

1台のデバイス専用で使うなら、2回目以降はすぐに接続できて便利!

接続する待ち時間がいらないから、すぐに文字を打つ作業に取りかかれるよ♪

 

コンパクトなのに疲れにくくて使いやすい

メリット3つ目は、コンパクトなのに疲れにくくて、使い勝手もいいところです。

 

iClever Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06

疲れにくい理由は、V字型の変わった形にあります。

166°の角度に広がっているV字型が、タイピングをするときの腕の角度的にちょうど良いんです!

 

キーボードに手を乗せても窮屈さはなく、腕がハの字に広がった自然な角度でタイピングができるので、手首も曲がらなくて楽に感じます。

 

iClever Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06

キーピッチ(文字キー2つの中心を結ぶ長さ)は約18mm。

フルサイズキーボードより若干狭いですが、特に気になることなく使えてます。

 

iClever Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06

キーストローク(キーを押したときに沈み込む深さ)は約1mm。

キーを押したときの感触も感じられて、文字を打ってる感がしっかりします。

シロみむ

キーボード自体は薄くてコンパクトなのに、タイピング時の窮屈さも文字の打ちにくさも感じなかったよ!

 

フル充電で約60時間も使える

メリット4つ目は、フル充電すれば約60時間も使えるところです。

 

1回の充電で長時間使えるので、毎日充電する必要がないのは嬉しいポイント♪

私の場合、たまの外出や家で少し使う程度なので、充電するのは数週間に1度なんてことがほとんどです(笑)

 

「Fnキー+Rキー」でバッテリー残量の確認ができるので、充電するタイミングの目安にもなりますよ。

※バッテリー残量は、約25%・約50%・約75%・100%の4段階で確認できます。

ちなみに、説明書によるとフル充電するのにかかる時間は約2時間とのことです。

シロみむ

毎日充電しなくても使えるのは、ほんと楽!

iPhoneにiPadにBluetoothイヤフォンなど、小まめに充電するもの多くて充電器足りない~ってなること多いから、とっても助かってます♪

 

デメリット:【iClever】 Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06の気になったところ

ここでは、iCleverのBluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06を使ってみて、気になると感じたポイントを書いていきます。

 

使い始めのうちは慣れが必要かも…

デメリットは、使い始めのうちは慣れが必要な場合があるところです。

 

使ってみて慣れが必要と感じた部分
  • V字型の独特な形状
  • US配列(英語配列)

それぞれ、詳しく説明します。

 

V字型の独特な形状について

メリットでも紹介したV字型の独特な形状ですが、通常のキーボードに慣れてると最初は違和感を感じるかもしれません。

特にキーボードが左右に分かれてて中央部分にキーがないため、タイピングに変なクセが付いてるとやりにくく感じるかも…。

シロみむ

私もちゃんと勉強してタイピングを覚えたわけじゃないからクセがあって、最初のうちは打とうとしたキーが思ってた場所にない!ってなったりしたよ(汗)

使ってるうちにV字型の形状にも慣れて、今は問題なく使えてるけどね。

 

US配列(英語配列)について

Bluetoothキーボード IC-BK06はUS配列(英語配列)なので、JIS配列(日本語配列)に慣れてるとキー配置が違ってて使いにくいって感じるかも…。

私も記号を打とうとしたらキーの位置が違ってたりして、「どのキー押せばいいの!?」ってなることがありました。

 

あと、英語と日本語を切り替える変換キーが最初のうちはわからなくて苦労しました。

使ってるうちに「Caps lockキー」で切り替えれるのを知ったけど、使い慣れるまでは手探りな部分もあったって感じです。

シロみむ

慣れるまで少し時間はかかったけど、今は使いやすくて気に入ってるよ♪

ただ私と違って、「最初から普段使ってるキーボードと同じ感覚で使いたい!」って人には合わない可能性もあるかも…。

 

【iClever】 Bluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06の口コミ・評判

ここでは、iCleverのBluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06の口コミ・評判をいくつか紹介します。

私以外の感想も参考にしてみてください。

 

購入して毎日使用しています。基本移動時に使用していますが薄くて軽くて、非常に持ち運びやすく重宝しています。
友人からも「こんなに薄いやつがあるの?」と好評でした。電池持ちも良いです。US配列なので最初は慣れが必要でしたが、しばらく使用していたら気にならなくなりました。
様々なBluetooth キーボードの中からこちらを選んで正解でした。

引用元:Amazon

独特の形は想像通り腕を机に置いて省スペースでタイピングできて満足です。
しかし使いはじめは形が違う分キータッチに少し違和感があり慣れが必要でしたのでその点は注意です。
充電もかなり持ちますし開いたら自動接続できるのは便利ですね。気に入りました。

引用元:Amazon

シロみむ

最初のうちは慣れが必要って感じた人が多いみたい。

使ってて慣れさえすれば、持ち運びしやすくて便利なキーボードって感じ!

 

まとめ:慣れさえすれば使い心地も良く、持ち運びにおすすめなBluetoothキーボード

【iClever】 Bluetoothキーボード IC-BK06はこんな人におすすめ
  • 持ち運びしやすいBluetoothキーボードが欲しい人
  • 小さく、薄く、軽いBluetoothキーボードが欲しい人
  • 折りたたみ式のBluetoothキーボードを探している人
  • タイピングが窮屈に感じないBluetoothキーボードを探している人

 

では簡単に、iClever社製のBluetooth折りたたみ式キーボード IC-BK06のメリット・デメリットをまとめてみます。

メリット
  • 薄くて軽くコンパクトなので持ち運びにピッタリ
  • 前回使ったデバイスで使うなら、キーボードを開くだけでOK
  • コンパクトなのに疲れにくくて使いやすい
  • フル充電で約60時間も使用できる
デメリット
  • V字型の独特な形状は慣れが必要かも
  • US配列(英語配列)への慣れが必要

 

使い始めの慣れないうちは少し使いにくさもあるかもですが、慣れてしまえば使いやすいキーボードです。

私はiPad用のキーボードとして購入しましたが、持ち運びにも便利でとっても気に入ってます!

ほんと、購入してよかった~♪

持ち運びしやすいBluetoothキーボードを探してる人は検討してみてくださいね。

こちらの記事も参考にどうぞ。
軽くてコンパクトに持ち運べるブログおすすめグッズまとめ 外出先でブログを書く!軽くてコンパクトに持ち運べるおすすめグッズまとめ iPadでWordPressブログは書けるのか? iPadでブログは書ける?実際にWordPressブログを更新してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。