【沖縄旅行】石垣やいま村に行ったらリスザルが可愛すぎた!&いろいろ近くで見れた!

石垣やいま村へ行ってきた。

こんにちは!シロみむ(@naniiro_blog)です。

 

今回は、石垣 やいま村に行って来たよーって記事です。

 

沖縄旅行3日目に訪れた、石垣 やいま村。

可愛いリスザルがたくさんいると聞いて行って来ました!

 

ほんと、動物好きにはたまらない場所だわ、ここ!

石垣 やいま村ってどんなとこ?

石垣 やいま村 看板

やいま村へのアクセス

車で行く場合、かかる時間はだいたいこんな感じ。

  • 石垣空港から・・・・約30分
  • 石垣港から・・・・・約20分
  • 川平湾から・・・・・約15分

駐車場(乗用車約100台収容)あります。

営業時間

9:00~17:30(最終受付17:00)

年中無休

入村料金

大人 1,000円(中学生以上)

小人 500円(3才~小学生)

MEMO

【団体割引(15名以上)】

大人 800円

小人 450円

 

【障害者手帳割引】

大人 500円

小人 250円

石垣 やいま村の中へ

石垣 やいま村 案内板

駐車場のとこに案内板がありました。

ドローン禁止の張り紙も。

「そっか!今はドローン撮影も普通にあるのかー!」って、ちょっとびっくりしてしまった(笑)

入口

石垣 やいま村 入口

最初に建物がありますが、ここは食堂とお土産屋さん。

なので、看板の矢印に従って窓口へ向かいます。

 

石垣 やいま村 窓口

こちらが窓口。

旅行会社で貰った、エースJTBの冊子の入場料無料クーポンを使いました。

 

石垣 やいま村 看板

中へ入ってすぐのところに看板があります。

ものすごい歓迎感(笑)

このお猿さんは、やいま村のマスコットキャラクター『やいまるくん』です。

赤瓦の古民家

やいま村の中には、移築された古民家などがありました。

その中のいくつかを載せときます。

 

石垣 やいま村 建物

『森田邸(国の登録有形文化財)』

1909年(昭和42年)に建築された旧士族の屋敷。

1984年(昭和59年)に移築復元されました。

 

屋敷内には民俗資料の展示や、沖縄の伝統的な衣装を着ることができる琉装体験もあるみたい。

団体客の方たちでいっぱいだったので、遠巻きに見てきました。

 

石垣 やいま村 建物

『喜舎場邸(国の登録有形文化財)』

1923年(大正12年)に建築。

2008年(平成20年)に移築復元されました。

 

屋敷の中には、体験コーナー(しーさー色付け、貝のお守り、星砂アート、島ぞうりアート)がありました。

スタッフが作ったおみやげアイテムもあるみたい。

 

石垣 やいま村 建物

『大浜邸(国の登録有形文化財)』

1907年(明治40年)に建築された民家です。

2008年(平成20年)に移築復元されました。

ラムサール条約登録域『名蔵アンパル』

ラムサール条約っていうのは、湿地を保護するための国際条約です。

正式名称は、『特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約』。

正式名称聞けば、まぁまぁざっくり理解できる・・・名称長いけど(笑)

 

石垣 やいま村

写真みたいな道が続いてて、めっちゃ自然を感じられます!

 

石垣 やいま村 植物

こんな変わった植物が見れたりする。

「何だろー?」って思って調べてみたら・・・

 

どうやら『バナナの花』っぽい!!

 

バナナってこんななのか!

 

マングローブ

マングローブの近くの道は、木で作られた通路になってました。

通路を進んでいくだけで、めちゃくちゃ近くでマングローブが見れます!

 

マングローブ

ほんと、根っこがすごい!

マングローブには小動物もいるらしいけど、残念ながら見つけられませんでした。

アンパル塔

アンパル塔 看板

こんな看板を見つけ・・・

「なんか、魔方陣グルグルに出てきそうな形した塔だね(笑)」

って話が盛り上がったので行ってみた。

 

アンパル塔

こちらがアンパル塔。

イラストより魔方陣グルグル感はなかった(笑)

せっかく来たし、とりあえず上までグルグル登りました。

 

アンパル塔からの景色

アンパル塔の上からの景色はこんな。

なかなか見渡せる感じ。

 

アンパル塔からの景色

別の方角の景色。

曇りだったのが残念。

晴れてたら、もっときれいに見えただろうに・・・。

リスザルの森

知人から、「動物好きなら是非行くといいよ!」って言われてた場所です。

 

リスザルの森 看板

リスザルの森はエリアが網で仕切られていました。

入口専用の扉があるので、そちらへ向かいます。

入口のとこで係りの方に注意事項を聞き、いざ中へ!

リスザルがとにかく可愛い!

リスザル

距離近い!!

普通に、足元にいたりする!

 

リスザル

ほんっと、めちゃくちゃカワイイ!!

 

リスザル

地面向いて何か(餌かな?)探してたり・・・

 

リスザル

葉っぱ持ち上げて探してたり・・・

 

リスザル

食べ物?見つけて口に運んでたり・・・。

ほんと、仕草も可愛くてずっと見てられる♡

 

リスザル

お猿さんなだけあって、木登り得意みたい。

あと、素早い!!

 

リスザル

ふと見上げたら、真上にもいた!!

 

リスザル

のび~~~~~るリスザル(笑)

 

リスザル

ロープの上に乗ったり、走ったりしてた。

 

飛びついてきたリスザル

旦那に飛びつくリスザル。

捕まえるのは禁止だけど、リスザルの方から手や肩に乗ってくるのはOKなのです。

 

ちなみに、専用の餌を購入してリスザルにあげることもできます。

お腹減ってる時だと、リスザルがいっぱい寄って来るよ(笑)

荷物には注意して!

リスザルたちは、ポケットに手を突っ込んできたり、かばんの中の小物を持っていこうとするんです。

なので、あらかじめポケットの中身は空にしないといけません。

かばんは閉めて、体の前に持ってくるようにするんだけど・・・

 

ちょっと油断した隙を狙って・・・

荷物を漁るリスザル

かばんのファスナーを開けようとする!!

 

リスザル君たち、なかなか賢いね!

 

ちなみに、かばんの中身取られそうになると・・・

 

「早く!かばん閉めて!!!気をつけて!!!」

 

って、係りの人にえらい剣幕で注意されます。

他の動物たち

カンムリワシ

カンムリワシ

飼育されてるカンムリワシです。

名前は『よんなー』(『ゆっくり』という意味の方言)。

 

カンムリワシ

交通事故でうまく飛べなくなって飼育されることになったそう。

動物との交通事故多いそうなので、気をつけようと思いました・・・。

水牛

水牛

水牛いました!

名前は『たろう』。

 

水牛

少しの間見てたけど、お尻しか見せてくれなかった(笑)

野生動物も!

なんか、鳴き声聞こえるなーって思って見上げたら・・・

 

野生のワシ・・・?

木の上にいた!

この子もワシかな・・・?

昼食&おやつ

あんぱる食堂

やいま村内にある、あんぱる食堂でお昼ご飯を食べました。

営業時間は11:00~16:00(ラストオーダー15:30)。

15:00以降は、そばのみ注文できるようです。

 

八重山そば

八重山そばをいただきました。

お出汁の優しい味がしみる~~~!

 

あと、なぜかお水が美味しく感じました!

農民の家のお隣で休憩

お茶休憩できるとこ

やいま村の建物の一つである農民の家(復元家屋)の隣に、こちらの建物がありました。

食べ物とか売ってました。

 

サーターアンダギーとさんぴん茶

小腹がすいたので、サーターアンダギーとさんぴん茶をいただきました。

すぐそばにテーブルと椅子があって、ちょっと休憩するのによさそうです。

サーターアンダギーめちゃくちゃ美味しかった!

まとめ

体験コーナーとかもあったけど、特に何もせずにぶらぶら歩いてまわってました。

自由に歩きまわれるし、古民家とかマングローブとか間近で見れるからおすすめです。

 

あと、リスザルはめっちゃくちゃ可愛い!

時間制限とかもないから、動物好きなら時間経つの忘れて楽しめるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。