リアルな鳥の形をした展望台!伊良部島の『フナウサギバナタ』へ 

伊良部島の展望台フナウサギバナタへ行ってきた。

こんにちは!シロみむ(@naniiro_blog)です。

 

今回は、伊良部島にある『フナウサギバナタ』という展望台について書きます。

2015年に伊良部大橋が開通したので、伊良部島へは宮古島から車で簡単に行けるようになっています。

 

展望台って、普通は景色を楽しむ場所ですよね?

フナウサギバナタは、景色はもちろんですが、展望台自体の形も楽しめる場所なんです。

伊良部島を訪れたら、ちょっと変わった形の展望台『フナウサギバナタ』へ行ってみましょう!

 

それでは、ど~ぞ。

フナウサギバナタとは

フナウサギバナタは、伊良部島にある展望台です。

『フナウサギバナタ』は島の方言で、『船を見送る岬』という意味。

昔、沖縄本島などに旅立つ人や出兵する兵士を見送った岬というのが、名前の由来になっています。

 

展望台の見た目はちょっと変わっていて、鳥の形をしています。

展望台のモデルになっているのは、伊良部町の町鳥でもある『サシバ』という渡り鳥です。

フナウサギバナタの場所・地図

伊良部島の北部にあります。

宮古島から伊良部大橋を渡って、車で約20分ほどの場所です。

その他の観光地からの所要時間はこんな感じ。

  • 佐和田の浜から・・・車で約15分
  • 白鳥岬公園から・・・車で約5分

展望台前に、無料の駐車場があります。

フナウサギバナタの写真&感想

近くまで来ると、『ふなうさぎバナタ(地元の方言)』と書かれた道路標識があります。

その標識に従って曲がると、上り坂になっています。

MEMO

ガイドブックやGoogleマップでは、『フナウサギバナタ』とカタカナ表記されてます。

しかし、実際に現地へ行くと、道路標識や観光案内板には『ふなうさぎバナタ』と平仮名+カタカナ表記です。

 

表記は違いますが、どちらも同じ場所ですよ。

 

ふなうさぎバナタ

坂を登ると、フナウサギバナタが見えてきました。

今にも飛び立ちそうな鳥の形をした展望台です。

 

ふなうさぎバナタ

横から見上げる形で撮影。

結構リアルに作られてて、迫力あります!

景色だけじゃなくて、展望台見るのも面白いかも。

あと、個人的にこの角度からの写真も好きです(笑)

 

せっかくの展望台なので、景色見ないとですよね(笑)

鳥の形した展望台の背中側に、入り口の階段があります。

階段を登って展望台の中へ!(階段狭いから気をつけてね!)

ふなうさぎバナタ

階段を登ると、ドーム状に切り取られた景色が見えてきました。

展望デッキの位置は、鳥の形した展望台のお腹辺りです。

 

フナウサギバナタ展望デッキの広さ

展望デッキの広さはこんな感じ。(わかるかな?)

そんなに広くないです。

10人くらいの大人数の場合は、交代で登った方がよさそう。

 

ふなうさぎバナタ

展望デッキから見える景色です。

青い海が広がってます。

白波が立つ辺りは、エメラルドグリーンに輝いているところも!

天気もよくて清々しい感じなんだけど、風が強い!

記念写真撮ったんだけど、髪の毛がファッサ~ってなりまくってました(笑)

まとめ

フナウサギバナタは、景色だけじゃなく展望台の形も楽しめるところでした。

展望台の周りは、ぐるっと1周できるようになっているので、展望台の下から展望デッキを写真に収めることもできます。

数人で行く場合には、鳥の形した展望台にいる自分の写真を撮ってもらうのも、記念になっていいかも!

 

もちろん、展望デッキからの景色もいいですよ。

展望台は断崖絶壁の上にあるので、遠くまで青く輝く海を見渡すことができます。

 

伊良部島を訪れたら、見た目も楽しめる展望台『フナウサギバナタ』へ行ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。