水樹奈々聖地巡礼!兵庫県神戸市 うろこの家(SMASHING ANTHEMSロケ地)

水樹奈々聖地巡礼!うろこの家(SMASHING ANTHEMSロケ地)

シロみむ

こんにちは!

夫婦揃って水樹奈々さんファンしてます♪

シロみむ(@naniiro_blog)です。

 

水樹奈々さんの聖地巡礼で、兵庫県神戸市にある異人館『うろこの家』へ行ってきました!

うろこの家は、水樹奈々さんの11thアルバム『SMASHING ANTHEMS(初回限定盤)』のジャケット写真が撮影された場所です。

 

うろこの家の観光レポートを書いていくので、

  • 『SMASHING ANTHEMS』の聖地について知りたい人
  • うろこの家へ行ってみたい人

は参考にしてみてください。

 

この記事でわかること
  • うろこの家はどんな場所なのか?
  • うろこの家のアクセス方法、入館料金
  • 奈々さんが写真撮影していた場所

当たり前って言えばそうなんだけど、あまりにジャケット写真そのままの景色が目の前に広がってて感動!!

思わず写真を撮りまくっちゃいました(笑)

 

では、水樹奈々さんのアルバム『SMASHING ANTHEMS』のロケ地『うろこの家』の観光レポートを書いていきます。

※この記事に記載しているのは、2019年10月の情報です。

 

うろこの家から徒歩圏内にあるロケ地、『萌黄の館』にも行ってきました。↓↓

水樹奈々聖地巡礼!萌黄の館(SMASHING ANTHEMSロケ地) 水樹奈々ロケ地訪問!神戸市の異人館『萌黄の館』はSMASHING ANTHEMSの聖地

うろこの家、萌黄の館がある神戸北野異人館街についてまとめた記事も参考にどうぞ。↓↓

下調べして楽しく散策!神戸北野異人館街めぐり 【神戸北野異人館街めぐり】観光前に知っておきたい情報まとめ

 

うろこの家は水樹奈々アルバム『SMASHING ANTHEMS』のジャケット撮影場所

水樹奈々『SMASHING ANTHEMS』

SMASHING ANTHEMS:クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

うろこの家は、2015年11月11日に発売された水樹奈々さんの11thアルバム『SMASHING ANTHEMS』のジャケット写真などで使われた場所です。

 

水樹奈々 聖地ポイント
  • 『SMASHING ANTHEMS』初回限定盤のジャケット写真の撮影場所
  • 『SMASHING ANTHEMS』初回限定盤特典スペシャルフォトブックの撮影場所
  • 『SMASHING ANTHEMS』初回限定盤のPHOTO SHOOTING映像に出てくる

 

うろこの家ってどんな場所?

ここでは、うろこの家について、

  • うろこの家がどんな場所なのか?
  • うろこの家へのアクセス方法
  • 入館料金

を簡単に紹介します。

アクセス方法や入館料金については、神戸北野異人館街についてまとめた記事にさらに詳しく書いてあります。↓↓

下調べして楽しく散策!神戸北野異人館街めぐり 【神戸北野異人館街めぐり】観光前に知っておきたい情報まとめ

 

うろこの家は神戸北野異人館街にある洋館の1つ

うろこの家&展望ギャラリー

うろこの家は、明治後期に建てられた洋館です。

異国情緒あふれる街並みで観光スポットとしても有名な、神戸北野異人館街の高台にあります。

 

神戸で最初に公開された異人館で、

  • 国指定登録有形文化財
  • 兵庫県指定住宅百選

にも指定されています。

 

うろこの家&展望ギャラリー

建物の外壁は約3,000枚の天然石で覆われていて、魚のうろこに似ているので『うろこの家』と呼ばれています。

 

館内にはアンティーク家具や、西洋の陶磁器やガラス工芸品などの骨董品が数多く展示されています。

隣に併設されてる展望ギャラリーでは、近・現代絵画が見れたり、神戸の街並みも見ることができます。

 

アクセス方法:高台にあるので上り坂がキツい(汗)

うろこの家の最寄り駅はこちら。↓↓

  • 山陽新幹線「新神戸駅」
  • JR神戸線「三ノ宮駅」
  • 阪急神戸線「三宮駅」
  • 阪神本線「神戸三宮駅」
  • 地下鉄山手線「三宮駅」
  • ポートライナー「三宮駅」

うろこの家があるのは、神戸北野異人館街の中でもひときわ景色のいい高台!

そのため、どの駅からも徒歩20分ほどかかります。

専用駐車場はないので、車の場合は近隣のコインパーキングを利用してください。

シロみむ

急な坂道も多いので、動きやすい服装、歩きやすい靴で行くのがおすすめ!

 

入館料金:庭も含めて入館料が必要

うろこの家を見学するには入館料金が必要です。

うろこの家の入館料はこちら。↓↓

  • 大人1,050円
  • 小人200円

※大人は中学生以上、小人は小学生、幼児は無料

 

うろこの家の入館料で見学できる場所はこちら。↓↓

  • うろこの家の館内
  • うろこの家の庭
  • 展望ギャラリー

 

お得な複数館割引券もあります!

神戸北野異人館街には、うろこの家以外にもたくさんの異人館があります。

複数の異人館を見学する場合、入場券がお得に買える複数館割引券がおすすめ!

詳しくはこちらの記事もあわせて読んでみてください。⇒神戸北野異人館街まとめ記事

 

うろこの家&展望ギャラリーの写真と感想

実際にうろこの家&展望ギャラリーへ行ってきた感想を、写真付きで書いていきます。

シロみむ

水樹奈々さんが撮影してた場所も、わかる範囲で紹介するよ!

 

うろこの家

うろこの家 入口

うろこの家&展望ギャラリーの入口は、かなり急な坂道の途中にあります。

入ってすぐの階段を登った先にチケット売り場があるので、入館券を購入して中へ進みます。

シロみむ

うろこの家を見学できる複数館割引券を購入済みの場合は、チケット売り場で複数館割引券を見せればOKです。

 

うろこの家&展望ギャラリー

中へ進むと、そこは完全に水樹奈々さんアルバム『SMASHING ANTHEMS』のジャケット写真で見た世界そのまま!

シロみむ

写真の赤丸の辺りが、『SMASHING ANTHEMS』ジャケット裏の写真で奈々さんが立ってた場所!

芝生は柵で囲まれていて、通常は立ち入りできないようになってたよ。

 

ちなみに、右の建物がうろこの家で、左の建物が展望ギャラリーです。

10月でハロウィンが近いからか、うろこの家の屋根には魔女が腰掛けてました(笑)

 

うろこの家 カリドンの猪(ポルチェリーノ)

うろこの家&展望ギャラリーへ来たら、庭に鎮座してる猪のブロンズ像をチェックしましょう!

『カリドンの猪(愛称:ポルチェリーノ)』の鼻を撫でると、幸運に恵まれると伝えられているそうですよ!

 

私も雨の中でしたが、幸運を求めてしっかりなでなでしてきました♪

それにしても、正面から見るとなんだかセクシーな座り方してらっしゃる(笑)

 

うろこの家&展望ギャラリー 電話ボックス

うろこの家の庭の片隅には、とても目立つ真っ赤な電話ボックスもあります。

実際にロンドン旧市街で使われていた電話ボックスだそうです。

シロみむ

この真っ赤な電話ボックスは、アルバム『SMASHING ANTHEMS』のジャケット表で奈々さんのバックに写ってるよ!

 

うろこの家&展望ギャラリー 電話ボックス

電話ボックスの中には、実際に入ることもできちゃいます。

中に入ると、これまたレトロ感溢れる電話を発見!

英国製テレフォンボックスについても書かれてたので、ぜひ中も覗いてみてください。

 

うろこの家&展望ギャラリー

庭をある程度堪能して、建物へと向かいます。

建物の入口は、階段を登った先です。

 

ちなみに階段は左右にあって、一方通行ってわけでもなく、どちらからでも行けるようです。

シロみむ

私、間違えました(汗)

アルバム『SMASHING ANTHEMS』のスペシャルフォトブックで奈々さんが立ってる階段は、反対側の階段!

お間違えなく…。

 

うろこの家&展望ギャラリー

階段を上がった先には、踊り場スペースがあります。

『SMASHING ANTHEMS』のスペシャルフォトブックで、奈々さんが手すりに腕掛けて立ってた写真の場所ですね。

シロみむ

スペシャルフォトブックの写真と見比べた結果、写真の赤丸の辺りが奈々さんが立ってた場所っぽいです。

 

写真右側に写ってる建物は、『うろこの家ガーデンハウス』というカフェ。

名物は25㎝のロングソーセージを使った神戸ドッグだそうです。

今回は雨も降っててスルーしてしまったので、次回のお楽しみにしようかな…。

 

うろこの家&展望ギャラリー

ここから、うろこの家の館内へ入れます。

『SMASHING ANTHEMS』のスペシャルフォトブックで、奈々さんが柱に寄りかかるように立ってた写真の場所です。

(スペシャルフォトブックの写真は、館内側から撮影した写真ですが…。)

シロみむ

『SMASHING ANTHEMS』のPHOTO SHOOTING映像で、写真の赤丸辺りに奈々さんが立って撮影してたよ。

 

うろこの家 館内

館内はアンティーク家具などが展示されてました。

 

うろこの家 館内

左の時計は、イギリス製のグランドファーザー・クロック。

窓もステンドグラスになってて、部屋全体が素敵な雰囲気に包まれてました。

 

うろこの家 館内

隣の部屋には、中央に食事テーブル、壁側には高級そうな食器が並んだ食器棚がありました。

食器にはそれぞれ説明が添えられてるんですが、デンマーク王室御用達のロイヤル・コペンハーゲンなど素敵な品々がたくさん!

 

うろこの家 館内

こちらはロイヤル・ウースターのペインテッド・フルーツ。

華やかで可愛らしい見た目に思わずうっとり♡

 

うろこの家 館内

中央にあるテーブルは、オレンジ色が映える秋らしいデザイン。

「10月だから、ハロウィンっぽいテーブルデザインなのかな?」って思いましたが、『ビールを楽しむ食卓』というのがテーマのようです。

 

ドイツ、ミュンヘンの9月・10月は『オクトーバーフェスト』というビールを楽しむお祭りがあるらしく、グラスもビール用のセッティングになってるんだとか。

他の季節のテーブルデザインも気になります。

 

うろこの家 館内

部屋に飾られていたアンティークなテーブルランプ。

館内には様々なアンティーク照明があって、どれも温かく照らすような光がとても素敵でした。

 

うろこの家 館内

1階だけじゃなく、2階も見学できます。

階段や廊下も落ち着いた雰囲気で素敵でした。

 

うろこの家 天然石のスレート

2階には、うろこの家の外壁に使われている『天然石のスレート』も展示してありました。

※『スレート』は、粘板岩を薄い板状に加工した建築材のことです。

近くで見ると思ったより大きくて、「こんなのが壁に3,000枚も貼り付いてるの!?」って改めてビックリ!

 

うろこの家 館内

2階の部屋は1階の部屋よりも、暮らしぶりが表れてるような感じがしました。

こんな部屋で談笑とかできたら楽しそう~♪

 

うろこの家 館内

書斎もありました。

ここにいるだけで頭が良くなりそうな気がする。(←気のせい…。)

 

うろこの家 タイプライター

レトロなタイプライターもありました。

タイプライターを見て真っ先に思い浮かんだのが、アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。

アニメで出てきたのはここまで大きいのじゃなかったけど、思わず食い入るように見ちゃいました。

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン1 [Blu-ray]

ヴァイオレット・エヴァーガーデン1 [Blu-ray]:クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

ちなみに、アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』めっちゃ泣けます!感動します!!

まだ見たことない人、ぜひ見てみてください!

かなりおすすめなアニメです。

 

うろこの家 館内

こちらの部屋もアンティーク感が満載です。

椅子に囲まれてる丸テーブルは、ティー・テーブルとして使われてたという1850年頃のイギリス製。

細やかな細工がとても素敵でした。

 

部屋の片隅には、ウィスキー?の瓶らしきものもありました。

テーブルランプの明かりで照らされて、なんとも言えない雰囲気が漂ってる感じ。

 

うろこの家 蓄音機

部屋の片隅には、1905年ドイツ製のマホガニー・ホーン付蓄音機がありました。

なんと現在でも使用可能なんだとか!

 

思わずビックリ!! 100年以上前の品だよ!?

それだけ大事に使われてきたってことかな?って思うと、思わずほっこりした気分になります。

 

うろこの家 館内

こちらの部屋にはベッドも置かれてました。

他にも、手動ミシンやら年期の入ったゴルフクラブやら、レトロな品々がいっぱい!

 

館内に写真がありましたが、日本で初めてゴルフ場ができたのは神戸だったそうです。

 

うろこの家 鎧

2階の一角には日本の鎧も展示してありました。

なぜ洋館に日本鎧なんだろ? ちょっと気になる…。

 

暗い場所でぼぅっと浮き出るかのように展示されてて、ちょっとビビりました(笑)

 

展望ギャラリー

うろこの家&展望ギャラリー

こちらは、うろこの家の隣に建っている展望ギャラリーです。

シロみむ

『SMASHING ANTHEMS』のPHOTO SHOOTING映像の冒頭で、奈々さんが「おはようございます~」って言ってた場所は写真の入口のとこだよ。

 

展望ギャラリーは3階建てで、近・現代絵画などが展示されてます。

MEMO

1階に女子トイレ、3階に男子トイレもありました。

トイレは男女とも個室1つあるだけなので、混雑時は大変かも。

 

うろこの家&展望ギャラリー

展望ギャラリー2階は、18~20世紀のヨーロッパ油彩名画展でした。

展望ギャラリーってどんな感じかな?って思ってたけど、完全に美術館!

1階は写真撮り忘れちゃいました…。ごめんなさい。

 

うろこの家&展望ギャラリー

展望ギャラリー3階は絵画が展示されてるだけじゃなく、展望室にもなってます。

 

うろこの家&展望ギャラリー

こんな、円形のスペースがあったり・・・

 

うろこの家&展望ギャラリー

神戸の街並みも見渡せちゃいます!

雨だったので遠くまで綺麗に見渡せなかったのが残念(泣)

次回は晴れてるときに来てみたいです。

 

うろこの家&展望ギャラリー

展望ギャラリー3階の窓際に『Lasting Love Stone(永遠の愛)』っていうハート型の石がありました。

石磨き用の布も置いてあったので夫婦で磨いてきました。

 

ただ、1つ大事なことを忘れてた!

「大切な人を心に想いながら石を布で磨いてください」って書いてあったんだけどね・・・

石を磨きながら、

シロみむ

ブログで使う写真、どんな風に撮ったらわかりやすいかな?

って、それしか考えてなかった!

まぁいいさ・・・ブログ愛だって大切だもの(笑)

 

まとめ:うろこの家は外観も館内も楽しめる素敵な場所♪

うろこの家&展望ギャラリーは、外観も館内もとっても素敵なところでした!

坂道大変だし、子供もいない&体力があるうちに来れて良かったです。

 

水樹奈々さんファンとしては、アルバム『SMASHING ANTHEMS』の写真の場所に行けた!ってだけでもめちゃくちゃ楽しめました。

シロみむ

ぜひ次は奈々さんと同じ場所で、同じ角度からの写真を撮ってみたい♪

 

館内は『SMASHING ANTHEMS』とは関係なかったけど、普段なかなか見られないようなアンティークな調度品などをたくさん見れて楽しかったです。

めちゃくちゃ、非日常感を味わえました♪

 

『うろこの家&展望ギャラリー』はとてもおすすめな場所なので、神戸観光予定があったら行ってみてください。

 

うろこの家から徒歩圏内にあるSMASHING ANTHEMSのロケ地、『萌黄の館』もおすすめです。↓↓

水樹奈々聖地巡礼!萌黄の館(SMASHING ANTHEMSロケ地) 水樹奈々ロケ地訪問!神戸市の異人館『萌黄の館』はSMASHING ANTHEMSの聖地

『うろこの家&展望ギャラリー』『萌黄の館』だけじゃなく、神戸北野異人館街めぐりとして他の異人館を訪れるのもおすすめです!↓↓

下調べして楽しく散策!神戸北野異人館街めぐり 【神戸北野異人館街めぐり】観光前に知っておきたい情報まとめ

 

施設情報:うろこの家&展望ギャラリー

《 住所 》

〒650-0002

兵庫県神戸市中央区北野町2-20-4

《 TEL 》

0120-888-581

《 営業時間 》

【4月~9月】9:30~18:00

【10月~3月】9:30~17:00

《 定休日 》

年中無休

《 駐車場 》

なし

※近隣のコインパーキング利用

《 入館料 》

大人1,050円

小人200円

《 公式サイト 》

参考 うろこの家&展望ギャラリー神戸北野異人館 うろこグループ公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。