久々でも季節はずれでも大丈夫!自分に合う水着を買う方法!

約10年ぶりに水着を買った話。

こんにちは!シロみむ(@naniiro_blog)です。

 

今回は、約10年ぶりに水着を買った話。

4月に沖縄旅行に行くため、久々に水着を買いに行ってきました。

普段、海やプールとは無縁だったので、水着の知識なんてまったくない!

そんな何も知らない状態でも水着買えたよ!っていう体験記です。

シーズン以外でも水着は買える?

夏が近づいてくると、ほとんどのお店で水着を販売しているのを見かけますよね?

しかーし!今回、私が水着を探した時期は3月下旬~4月上旬。

水着を販売してるところが見当たらない!!

ネット販売ならたくさん出てくるけど、なんせ水着なんてずっと買ってないからどれ買っていいかわからない!!

てなわけで、ネットで買うのは諦めて店舗で売ってるところを探しました。

水着専門店以外で売ってた所

水着を見つけた場所は、イオンモール内のスポーツやアウトドア用品を売ってる専門店。

3月下旬~4月上旬の時期でも水着を売ってました。

ただし、種類や品数はかなり少なめでした。

 

水着以外に、ビーチサンダルも売ってました。

ビーチサンダルは種類も数もある程度揃ってる感じでした。

シーズン外でも水着専門店で買える

シーズン以外でも営業している水着専門店がありました。

お店によっては、1年中営業しているところもあるそうです。

 

ただし、シーズン中に比べるとシーズン外は売り場面積がかなり小さめな事があるそう。

見つけた場所だと、シーズン外はエレベーター脇の通路とか小さめのスペースのお店で営業してました。

 

ショップによっては、午前中の方がお客さんが少ないそうです。

午後は、お昼ご飯を食べ終わってから来るお客さんが多いとのこと。

私が買いに行った時も、午前中はほとんどお客さんがいなかったのに、午後になると一気にお客さんの数が増えました。

水着の選び方(男性の場合)

今回、旦那も一緒に水着を買いに行きました。

女性店員さんの話を聞いて「なるほど~!」と感じたことはコレ↓↓

女の人受けを狙うなら女性の意見を聞いてみて!

別に、自分が気に入ったのでいいじゃん!って思います?

もし、ほんの少ぉ~しでも女の人受けを狙うなら、女性目線の意見を聞くのをおすすめします。

理由は、男性と女性だと選ぶ水着の傾向がぜんぜん違うことがあるから!!

 

女性店員さん曰く、男性が自分用によく選ぶ水着は、女性が「なぜそれ選ぶの!?」って思うようなのが多いそう。

実際に男性がよく選ぶ水着を教えてもらったら、モノトーン系や変な柄物の水着でした。

旦那も自分で選んでたのはモノトーン系とか・・・。

私もそれを見て、この中からあえて「なぜそれ選ぶの!?」ってなりました。

 

逆に、女性が男性物を選ぶと、男性が選ばないようなものが上位にランクインしたりするそうです。

実際、女性店員さんと私が選んだ水着を旦那に見せたら、「自分じゃ選ばないやつ」って言ってました。

 

てなわけで、女の人受けを狙うなら、女性の意見も参考にするといいかも!

女性の友達や彼女さんとか、1人で買いに行くなら女性店員さんとかね。

 

そういえば、男性が水着を選ぶ時、ポケットにこだわる人が多いそうです。

旦那もポケットがあるか気にしてたし・・・。

女性店員さんと私は、「何で!?」ってなってました。

水に入るのに、ポケットに何を入れるんだろう・・・?ってなります。

旦那に聞いたら、「ポケットあると安心する」だそう。

普段ポケットに鍵やら財布やら入れるから、とりあえず水着にもポケットって存在が欲しいって事なんだろうか・・・?

水着の選び方(女性の場合)

約10年ぶりの水着購入なので、右も左もわからない・・・。

女性店員さんにアドバイスを貰いながら水着を選んできました!

どのくらいの期間で着るかを考えよう!

女性の水着にはタイプが2種類あります。

流行りのタイプと、流行に流されないタイプです。

 

例えば、「着るのは今年だけ!来年以降はまた新しいものを買う!」って場合なら、どのタイプでも気に入ったものを買えばいいと思います。

が、「水着着る機会は少ないし、来年以降も同じものを着る予定!」って場合は、流行に流されないタイプをおすすめします。

・・・と、女性店員さんがアドバイスをしてくれました。

私の場合は、後者なので『流行に流されないタイプ』がどんな感じかを教えてもらいました。

 

ちなみに、数年間とかの長い期間着る場合は、数年後の自分の年齢なども考えて購入するといいそう。

今の自分に似合うデザインだけで選ぶと、数年後の自分の年齢に合わずに着れなくなる可能性が・・・。

数年後に水着を出した時、「当時の自分よ、なぜこの水着選んだ・・・」って事にならないように、買い替えが嫌なら考えた方がよさそうです。

まずはある程度の形を決めよう!

女性用の水着って形もいろいろあるし、悩み始めるとキリがない!

てなわけで、まずはある程度の形を絞ります。

 

始めからイメージがある場合はいいですが、どうやって形を絞ればいいか分からない場合は店員さんに聞いてみましょう。

肌の露出を抑えたいとか、身体のラインをカバーしたいとか、特定の部分(胸、お腹、太ももなど)を目立たなくしたいとか、なにかしら希望を伝えるとおすすめの形を教えてもらえます。

自分でいくつか候補を出そう!

ある程度の形が決まったら、その中から自分が気に入るデザインを選んでみましょう。

最初から1つに絞らず、3~5着くらい選ぶ感じで!

実際に選んでいるうちに、なんとなく自分の好きな傾向が見えてくるようになると思います。

周りの意見も参考にしよう!

自分だけで選んでいたら同じようなデザインばかりになってしまった!って時には、周りの意見を参考にするのもいいと思います。

例えば、自分では選ばないような柄や色合いのデザインが似合いそうと言われることもあるかもしれません。

試着は無料なので、少しでも気になったら試してみるのもいいと思います。

着てみると意外にいいかも!と感じる事があります。

ただし、あまりに試着する数が多いと大変なので、ある程度は数を絞ることをおすすめします。

水着を買うなら試着をしよう!

試着の方法(男性の場合)

男性はパンツを履いたまま水着を着ます。

男性の場合は、水着を履くだけでいいので簡単です!

試着の方法(女性の場合)

女性はショーツを履いたまま、ブラジャーは外して水着を着ます。

とりあえず、着るだけでOK!

女性店員さんに着た事を伝えると、胸の位置を直したり、サイズ調節ができる水着だと紐の長さを調節してくれたり、リボンなどを直してくれます。

試着のメリット(男性の場合)

男性はサイズや履き心地、似合うかどうかの確認ができます。

試着のメリット(女性の場合)

女性は、サイズ調節ができる水着の場合だと、自分でサイズ変更しなくてすみます。

なぜなら、試着をすると店員さんの手で自分に丁度いいサイズに調節がして貰えるから!

フリーサイズの水着の場合だと、パッドの大きさも確認して丁度いいサイズのものを選んでもらえます!

これはほんとにありがたい!

 

それと、水着のデザインによって着る時に着やすい、着にくいなどの違いがあるのがわかります。

水着を着るのになれていれば問題ないですが、普段水着を着なくて着慣れていない場合はこの違いが大きい場合があります。

 

あと、初めは上手く水着を着れなくても、試着するうちに上手に着る方法がわかるようになります。

私も最初は店員さんに直してもらうところだらけでしたが、何着か試着しているうちに直してもらわなくても大丈夫になりました。

水着以外に必要な物は?

インナーショーツ(アンダーショーツ)

水着をあまり着ないと見落としがちですが、購入するのをおすすめします!

インナーショーツは水着の下に履きます。

水着を着た時の透け感の防止、衛生面的にあった方がいい、水着がずれにくくなるなど、メリットがたくさんあります。

水着がずれてアンダーヘアが見えてしまうこともあるので、インナーショーツは用意しておきましょう。

ビーチサンダル

夏になればどこの靴屋でも見かけると思いますが、シーズン外ではほとんど売っていません。

水着専門店なら種類は少なめですが、シーズン外でも置いてあったりします。

 

今回は水着と一緒に購入しましたが、旅先の沖縄には普通にいたるところでビーチサンダルが売ってました。(沖縄に行ったのは4月中旬ごろ)

事前に買うのが難しかったら、旅先で気に入ったものを見つけるのもいいかもしれません。

ラッシュガード

日差しを避けるためや、水から上がって肌寒いと感じる時に重宝します。

水着が濡れていても上から羽織る事ができます。

水着の上に着たまま水中に入ることもできます。

わりとすぐに乾くので、海などに行くときには1着あると便利です。

まとめ

初めて水着を買う場合も、かな~り久々に買う場合も、専門店に行って買うなら心配しなくて大丈夫!

むしろ、水着を普段着ない人こそ専門店で買った方がいい気がします。

  • わからないことは遠慮せずに、店員さんに聞く!
  • 必ず試着して、店員さんにも見てもらう!

この2点を抑えておけば、自分に合う水着がきっと見つかります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。